日本の残しておきたい景色。和歌山編

 

弁護士探し

    

交通事故弁護士

 

交通事故に遭ったら、加害者に慰謝料を請求することができます。

しかし実際に請求する相手は、加害者ではなく保険会社となります。
交通事故に遭って精神的なダメージを受けている時に、
保険会社と慰謝料について話すのはきついことです。
しかも保険会社は、実際よりも慰謝料の額を安く見積もってくることが殆どです。

その言葉の巧さに納得してしまって、示談に応じてしまう人もたくさんいます。
しかしその後におかしいことに気づき、トラブル発展することも多々あるのです。

 

そのようなことのないように、慰謝料を請求する時には弁護士に予め相談した方が良いです。
弁護士事務所の中には、24時間365日体制で受け付けているところもあります。

24時間体制で受け付けてくれるのであれば、差し迫った場合でもすぐに対応してくれるので安心です。

 

ですから交通事故に遭って保険会社と慰謝料のことで話し合う際には、
話し合いを始める前に弁護士に相談をした方が良いです。